こんにちは、中豆です。

ついにというかなんというか、FE無双が発表されましたね。ゼルダ無双とかもあったし想定の範囲内だって人も多かったのではと思います。
どうしてもやりたいゲームがないと新しいハードを買わない私ですが、SwitchはFE無双のために買ってしまうかもしれません。

・・・とはいえそこまでガッツリFEやり込んでる!っていうわけでもなく、出てから相当経った覚醒から入ったニワカだったりします。
そんな私ですが、ノーヒントで知恵を絞ってクリアまで漕ぎ着けた古いFEが1作だけあります。
それが聖戦の系譜です。毎ターンセーブ出来るとはいえドバッとまとめてプレイしたい性分なので1マップあたりの時間がかかるのがネックでしたが、なんとか根性を出してクリアしました。

5章という少ないマップ数ながらもシグルド達に愛着の湧いてきた丁度よい頃合いに立て続けに起こる悲劇・・・










ノーヒントどころか意識的に知識を仕入れずにやっていたので、このあたりのイベントに本気で衝撃を受けておりました。











5章が終わった後、しばらくはシグルドロスとでも言うような状態になったりもしましたが、なんとか気持ちに折り合いをつけセリス達も動かすようになり、クリアまで漕ぎ着けることができました。

・・・が。子世代でのテイルフィングの回収などまったく知らない状態だったため、最終面で一番活躍したのはアレスだったというオチ。
子世代のほうが長い時間動かしてるはずなのに、親世代のほうが印象強いんだなぁ、なんて記事を書きながら思ったのでした。